消費者金融と、銀行でお金を借りるのは何が違うの?

銀行と消費者金融の違いとは

銀行カードローンと消費者金融では、カードローン業務において適応される法律が異なります。

銀行カードローンでは銀行法、消費者金融では貸金業法という法律が適応され、両者では貸付する金額の上限や、貸付できる対象が異なるのです。

わかりやすい違いとして挙げられるのが総量規制という制度です。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは、総量規制の有無。
総量規制とは、貸金業法で定められた借入の合計金額が「年収の合計の3分の1」を超えないように規制する法律です。

貸金業法は消費者金融に適応される法律なので、消費者金融からお金を借りる場合には年収の1/3を超える借入ができません。

例)年収300万円の方は、300万円×1/3=100万円 借入可能額 : 100万円

 

Copyright© 車買取ニュース , 2022 All Rights Reserved.