金利ってなに?

金利とは何か?

お金を運用する際、お金を借りる際に考えられるものが「金利」というものです。正確には資金の借り手が貸し手に支払う料金でそれを年率に換算したものとなります。言い換えると金利はお金の貸し借りの値段ともいえます。

 

金利のしくみ

金利とは、お金を一定期間貸し借りする際の値段です。

例えば、100万円を1年間借りるとして、そのときに2%の金利を約束した場合には、1年間に2万円というのが、100万円を借りる値段であるといえます。

2%の金利よりも3%の金利の方が「金利が高い」と表現されます。
金利を受け取るのであれば、金利は高い方が有利です。一方で金利を支払うのであれば金利は低い方が有利になりますね。

この金利というのは、お金を運用するとき、借りる時など、私たちの生活や貯蓄、投資活動において密接に関係してきています。

たとえば、銀行預金をするときの定期預金の利率(金利)、株式投資をするときの配当利回り、住宅ローンやカードローンなどでお金を借りる時に支払う利息(利子)など様々です。

 

金利・年利・利子・利息・利率

ちなみに、金利を説明するときは似たような言葉が多いです。たとえば、年利、利子、利息 、利率といったように同じような言葉がたくさんあります。
それぞれの違いは何なのでしょうか?

まず、金利というのが「お金を貸し借りする時に支払う値段」という大きな概念となります。そしてその値段の「率」をしめすものが「年利」「利率」といったものです。5%というように「金利の水準」を指す言葉となります。

年利・・・1年あたりの金利の比率
利率・・・一定期間における金利の比率(通常は1年を指す)

どちらもほぼ同じ意味ですね。一方で利子や利息というのは、実際に支払う「金額」を指す言葉となります。100万円を5%で借りた時の利子・利息は「5万円」ということになります。この5万円が利子、利息です。

利子・・・支払う金利の金額(貸す側が使う)
利息・・・支払う金利の金額(借りる側が使う)

Copyright© 車買取ニュース , 2022 All Rights Reserved.